[衝撃]マレーシアの物価が思ったよりも安かった!

マレーシア

こんにちは、ケジャン(@Gejangeek)です。

皆さんは、マレーシアの物価を知っていますか?

日本人が住みたい海外の国ランキングで毎年必ず1位に選ばれる国、マレーシア!その温暖な気候や治安の良さなども、もちろん1位に選ばれる要因となっていますが、それ以外に、食べ物の味と値段のコスパの良さが挙げられます。

中華系人種も多いこの国、中華系料理店も数多くあり、日本人が長年親しんだ味付けの店も多く、食べ物に対して抵抗もなく美味しいです。

そして何より、

安いです!

ハッキリ言って

めちゃくちゃ安いです!

日本の半額以下で高クオリティの食べ物を、食べられます。

マレーシアの食べ物

マレーシアのお金の単位は[リンギット]です。

2020年5月8日現時点での1リンギットは、24.9円でした。

1リンギット = 25円

の計算で今回は紹介していきたいと思います。

フライドチキン

まずは、マレーシアの繁華街、ブキビンタンエリアのショッピイングモール内で見つけたお店、チキン専門店のアンクルジャックです。

ご飯とチキン、そしてドリンクがついて4.29リンギット

つまり110円ほどです。

ドリンクは、(コーラ・スプライト・ファンタ)の3種類の中から選べました。

ちょっと贅沢をして、チキンを2ピースにしたところでたったの160円です。しかもこのチキンはしっかり食べ応えもあり、2ピースも食べれば、男性でもお腹は十分にふくれます。ただ唯一の難点は、絶対に身体に悪いということです。野菜が一切ありません。飲み物も炭酸しか選べません。完全にジャンクフードです。

具沢山味付けご飯

これは、ナシレマッと呼ばれる、マレーシアではかなり有名な料理です。その手ごろな値段と気楽に食べられることから現地では定番の朝ご飯として食されています。ココナッツミルクで炊いたジャスミンライスの上に生のキュウリとゆで卵が添えられており、さらにその上に少しピリ辛のソースが、かかっています。何かの葉っぱに包まれて売られており、それを広げてかき混ぜて食べるのが一般的です。

こちらの値段は、3リンギット

75円です。

美味しくもなく、不味くもなく、あまり印象的な味ではなかったですが、飽きのこない、毎日でも食べられる味でした。だからこそ、マレーシア人みんなに愛され定番の朝ご飯となっているのだと思います。

自動販売機

驚きの値段ですよね。すべて1リンギット!

一本たったの25円です。

日本でよく見かける飲み物も売っていますね。日本の4分の1以下の値段です。この物価の安さが、私がマレーシアを好きな理由です。

ハンバーガーセット

バーガーキングにやってきました。チキンバーガーとポテト、ドリンクがついた日本でもよくある一般的なセットメニューです。こちらの値段が約8リンギット

200円です。

日本じゃ、200円だとせいぜいチキンバーガー1個買えるか買えないかぐらいですよね。マレーシアでは、半額以下でこのセットメニューが食べられます。味のクオリティーも、まったく日本と変わりません。

ラーメン

これは、プロウンミーと呼ばれるエビ入りラーメンです。マレーシアやシンガポールの中華系のお店で食べられる、エビや他の海鮮物からだしをとったラーメンです。

これが、めちゃくちゃ美味いです。人生で一度は食べた方が良い物リストに入ります。スープの中に濃厚な海鮮エキスとエビ味噌が染み渡っており、飲み干す価値が多いにあります。店によって味は若干違っており、現地の人もお気に入りの店を持っています。私は、シンガポールの中華街にある店が行きつけです。ぜひ、あなたもお気に入りの店を見つけて下さい。魚介系ラーメンの好きの人はぜひ一度下さい。絶対後悔しませんよ。

肝心の値段ですが、こちらは5リンギット

125円です。

びっくりしますよね…..

これだけ具材が入っていたら日本だと1250円くらいするんじゃないかな…

125円だと、日本で替え玉を注文するくらいの感覚でおかわりできますね。

日本食レストラン

こちらは、日本食レストランのメニューです。日本食レストランの入り口にありました。日本語でもメニュー表記があったので日本人向けですね。今までとくらべて一気に値段は上がります。平均で25リンギット程度

625円くらいでしょうか

日本に比べると若干安いような気がしますが、マレーシアの物価で考えると高いです。

さっきのラーメンが5杯、食べられます。結局マレーシアでは一度も日本食を食べていないので味はわかりません。日本と似たり寄ったりの味だと思います。

まとめ

今回は、マレーシアで私が食べた物の値段をまとめました。マレーシアの物価は、想像を超えるほど安いです。この安さが日本人が住みたい海外の国ランキング1位に導く一つの要因になっていると思います。平均してもだいたい日本の3分の1ほどの金額で十分に遊んだり、食べたりすることができます。現地の人と同じようなローカルレストランで朝昼晩と3食、外食してもその食費は1000円未満に余裕で抑えることができます。人口の20%を中華系がしめるこの国は中華系レストランも多く、食べ物も他の東南アジアの国に比べると抵抗のない味付けが多かったです。中でも、プロウンミーラーメンのスープの味の深みは、かなりおすすめなのでぜひ一度召し上がって下さい。125円だしね。

————————————

おわりっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました