[カリカリ食感]冷凍のフライドポテトは魚焼きグリルがおすすめ!

日常

こんにちは、ケジャン(@Gejangeek)です。

フライドポテトって本当に美味しいですよね。一度食べ始めると、食べ終わるまで手がとまらなくなる中毒性があります。普段は、マクドナルドやモスバーガーに行ってフライドポテトを注文して食べているのですが最近は残念ながらコロナの影響で行けていないです😢

でも、そんな中、時々フライドポテトがどうしても食べたくなる時ってありますよね。

今日の私がそうです

あつあつのフライドポテトが食べたい衝動に駆られて、スーパーに行って冷凍のフライドポテトを買ってきました。今日のおうちご飯はフライドポテトです。

売り上げナンバー1ブランド!!フライドポテトの王様です。

王者のかんろくがただよってありますね。とっても美味しそうです。

こちらが裏面↓

ですが、冷凍のフライドポテトって油であげないといけないのね…(当たり前だろ!)

この一手間が、ズボラな私には本当に苦痛でした。一人暮らしの私には、わざわざ油を用意することも面倒だし、食べた後の油の処理も大変です。オーブントースターもあいにく持ち合わせておりません。

あれ…..

しかもこのフライドポテト

まさかの電子レンジに対応していない…

完全に初見キラーです。

ポテトを美味しく食べる方法を私からことごとく奪います。

ズボラな私は、レンジでチンして簡単に食べたかったのに….

まっ、いいか!

細かいことは気にしません。気にしたらダメです。

ルールなんてものは、破るためにあるのです。

ということで、とりあえず電子レンジを使って適当にチンして作って食べてみたのですが、やっぱりポテトはふにゃふにゃ食感…

あまり美味しくありません。

揚げたてのポテトのような私の大好きなカリカリ感はありませんでした。

私のお昼ご飯は悲惨なものとなりました。

〜それから8時間後〜

さあ、夕食タイムです。悲惨なお昼ご飯のことは忘れましょう。

冷凍ポテトのカリカリ感を出すための方法をグーグル先生に聞いてみたところ、魚焼きグリルがオススメとのこと。

さっそく、魚焼きグリルに挑戦してみました。

まずは、アルミホイルを用意して、

魚焼きグリルの上にアルミニウムをのせ、さらにその上に冷凍のフライドポテトをのせます。

お昼に一度、解凍されたものを再び凍らしてしまったので見た目はよろしくありません。くっついています。

ですが、そんなことは気にしないのです。

今、重要なのは

カリカリか、カリカリじゃないかのふたつです。

それ以外は私は興味ありません。

そして、魚焼きグリルを使って温めること約15分

カリカリ食感のフライドポテトが完成しました。大成功です。

中はホクホク、外はカリカリというよくありがちなキャッチフレーズが似合うフライドポテトの作成に成功しました。(ちょっと焦げてるけど…)

見た目はともかく、味はお昼に食べたものよりも格段にアップしていました。

というか、魚焼きグリルでフライドポテトを焼くと、時間加減がとてもむずかしいんですね。こんがりとキツネ色になってからポテトが焦げるまでの時間がものすごく早くて、焼き加減を常にチェックしていないといけませんでした。少し目を離すだけで、すぐにポテトは焦げてしまいます。少しの油断できません。

やれやれ

まったく世話のやけるポテトだぜ….

やけるのはポテトの表面だけで十分だろ….

————————————

おわりっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました